トップページ > アクセス

合格体験記

MedSURで学び、翔け抜けた受験生の軌跡

以下は,2018年入試で合格した会員の合格体験記です。ただし,氏名に関しては,出身高校,進学大学の個人情報と共にインターネット上で広まり過ぎることを防ぐために,イニシャルにしています。

レベルに見合った課題で弱点克服

M.S. 奈良県立医科大学 医学部医学科進学 清風高校出身

私は高校3年生の時に苦手な数学Vを克服したいと思い、MedSURに入学しました。定理の背景や証明などから丁寧に教わり、難しかったですが理解し、定着させることが出来ました。

濱中先生が自分で解いたり、自習時間中に解いた課題を毎回丁寧に添削してくださったので数学の記述に自信がつきました。自分の苦手な数Vを重点的に定理の背景、証明などから分かりやすく教えて頂いたので苦手意識がなくなり自信がつきました。数学以外でもいろいろなアドバイスもしていただきました。

学習の経過を振り返ってみると、高校2年生の時に英語をきちんと勉強していたのが後々助かりました。数学、物理、化学で方針を立てるだけでなく最後まで丁寧に答えを合わせていくように勉強方法を変えるとミスが減りました。不安になった時に先生に相談してアドバイスをもらえたことで最後までがんばれました。自分ひとりで抱え込まないのが大切だと思います。

担当の先生が自分のレベル、弱点にあった課題を出してくださり、丁寧に添削して下さったおかげで苦手分野にも自信がもてるようになり、それまでひどかったケアレスミスもどんどん減っていきました。担当の先生にはいつも相談に乗っていただきました。勉強面だけでなく、不安になった時や自信がなくなったときなど精神的な面でもサポートしていただきました。そのおかげで受験直前までモチベーションを高く保つことができました。

受験当日、緊張しましたが今まで教わったこと、アドバイス、自分がこれまで勉強した日々を思い返し、気持ちを落ち着けて受験できました。

そして無事合格できました。
MedSURに入学して本当によかったです。

本当にありがとうございました。

何が大事かを見極める

K.N. 兵庫医科大学 医学部医学科進学 桃山学院高校出身

MedSURは専属の先生だけでなく、外部からも様々な先生が来塾していました。そのため、自分が教えてもらっている先生がいない場合でも、教えてもらいたい教科の先生がいれば大体、教えてくれるので便利でした。

まず、入学して始めて教えてもらった先生が薗先生でした。薗先生は丸暗記でない、理解型の暗記や速読を重視しており、それによって僕の英語に対する理解の仕方が良い方へと変わりました。また、数学は大長先生と真田先生に教えてもらいました。大長先生には論理的な思考力を、真田先生には簡単に数学を捉える力をつけてもらいました。

ここに来て大きく変わったと思うのは、何が大事かを見極める力だと思います。本当に重要なことは意外と少なく、細かなことは重要なことをちゃんと理解した上で、その基盤の上にプラスするくらいで良かったなあと通塾後半あたりから思い始めました。改善したかったと思うことは時間にルーズなことです。時間の余裕は心の余裕を生みます。

僕はやってみたことはないですが、同じ校舎内のSURの先生に教えてもらうことも可能なようです。また午後6時頃からにはなるんですが、医学生のチューターの方がおられ、この方々にも質問することが出来ます。他にMedSURでは、合わない先生を変えることも出来たので良かったです。ただ、合わないと思っている先生でも何とか理解しようとして続けていると自分に足りないところが分かるかもしれないので、先生を変えるときは慎重にした方がいいでしょう。

僕の話に移ります。僕は一浪時は河合塾に、二浪になってから、ここに入りました。ここは河合とは違って、1対1の個別指導で自分に合わせた授業をしてくれたので理解力に乏しい僕にはピッタリでした。さて、そんなMedSURで学んだ僕ですが、センター試験が思うようにいかず、私立のみ5校受けました。1校目の入試では数学が失敗したものの、全体的には出来ていると思っていました。しかし、結果は不合格。その次の2校目でも不合格。この2校は僕が受ける5校のうち、簡単な2校だったのでとても動揺しました。しかし、3校目と4校目は共に1次合格を勝ち取りました。ここで、合格できたので今までの努力の他に、どうせ受けるんだったら最後までやりきろうという強い気持ちだと思います。

これから医学科を受験する皆さんにも日頃から力を蓄えて、そういう気持ちで試験に臨んでもらいたいですね!

根幹理解の大切さ

M.Y. 金沢医科大学 医学部医学科進学 西大和学園高校出身

二年前にここに来たとき、理科の偏差値は50くらいしかなく、とても医学部なんて考えられる状況ではなかったのに、熱心に教えていただきました。中でも僕は物理が苦手だったので、宇野先生に一から教えてもらいました。なぜこの公式を使うのかを先生に説明し訂正してもらうことで、根本から理解することができました。松本先生には一つ一つ基礎から教えていただき、まったく分からなかった事がよく分かるようになりました。

MedSURへ来て改善できたと思うのは、当然のことかもしれませんがプリントの整理です。整理整頓しておくことが、時間の浪費を無くすことだとよくわかりました。皆さんもプリント整理を頑張ってください。

途中でくじけそうになるときもありましたが、先生たちの言うことを信じてやり続けることで乗り越えることが出来ました。

あとは、勉強のやり方を根本的に教えていただきました。どうすれば効率よくできるようになるのか、根本から理解することの大切さを学びました。

アドバイスとしては、とにかく先生の言うことを聞き、自己流でやろうとしないことです。僕は自己流でやろうとして大失敗しました。

僕を半面教師にして頑張ってください。

やるべきことを毎日実践

K.H. 近畿大学 医学部医学科進学 奈良県立奈良高校出身

私はMedSURの最大の利点は、教科担当の先生だけでなく、塾での周囲のサポートが充実していることだと思います。少しでも勉強方法や現状に不安を感じたら、1人で悩まず必ず担当の先生に相談して解決していくべきです。どの先生方も真剣に向き合って一緒に解決策を考えて下さります。私はとても心配性で何度もこのままでいいのかと悩むことがありました。大手予備校では誰に相談したらいいのか分からず不安なまま勉強を続けていましたが、こちらでは、そのようなことはなく、これをやっていれば大丈夫と思うことができました。

MedSURにはどんな些細なことでも悩んでいるときに話を聞いて下さり、いつも正しい道へ導いて下さる担任の岩下さんがいました。岩下さんは生徒のことを本当によく見て、考えて下さっていて、例えば私の体調が悪いときや、勉強に身が入らずイライラしている時には、私が何も言わなくてもすべてお見通しで、声かけをして下さりました。私は自分の気持ちなど勉強以外のことも全て聞いて頂きました。岩下さんには何でも話せるという安心感があり、毎日どんなに気分がのらない日でもとりあえず塾へ行こうと思えました。

1年間、朝9時から夜10時までMedSURで勉強していましたが、それを1年間続けることが出来たのはMedSURが勉強するのに最適な環境であり、受験生としての自分を一番よく理解して下さる岩下さん、濱中先生そして山根さんがいつもいて下さる場所であり、志の高い仲間達が同じように勉強していた場所であったからだと思います。MedSURにはどんな些細なことでも悩んでいるときに話を聞いて下さり、いつも正しい道へ導いて下さいます。

また、私にとってチューターの方々も大きな存在でした。チューターの方々は実際の医学部生で、身近にいて一番尊敬できる方々でした。チューターには勉強のことはもちろん受験生活でくじけそうになったときに話を聞いて頂きました。実際に医学部受験を経験している方々だからこその考え方やアドバイスも聞くことができました。4月の模試ではどの大学もE判定でした。それでも担当の先生方を信じて、やるべきことを毎日続けた結果、今回の合格に繋がったと思います。自分で実力がついてきているなと感じなくても、さぼらずやるべきことをやっていれば、必ず実力はついています。そしてその結果は模試ではなく、本番の入試で発揮されます。自分を信じて、MedSURで浪人した1年が今までの人生のなかで一番努力したと言い切れるよう頑張って下さい。

1年間本当にありがとうございました。

自己流学習は危険

Y.H. 和歌山県立医科大学 医学部医学科進学 プール学院高校出身

現役のときは1人で勉強していて、苦手な部分に気付けてなかったりしましたが、講師の方に発見してもらうことができました。1人だと持っている問題集が限られ、同じ系統の類題を集めることが難しかったのですが、先生たちはたくさんの問題を知っているので十分に演習できました。

また、現役の時は本当に理科が出来ず、成績が伸び悩んでいました。塾に通わずに自己流で勉強していたため勘違いして覚えていたり、まる覚えしていたため勉強しても長期記憶にのこらなかったりしていたのですが、先生に一から教えてもらうことで苦手が無くなっていきました。

自分では苦手だと思っていなくても、意外にきちんと理解できていない部分をプロの講師達はすぐに見つけてくれます。私学の対策において過去問の演習というのはとても大切です。しかし、たくさんの私学を受けるとなると、赤本を解き、試験に間に合うように対策を練るのは大変なことです。

MedSURでは、夏から私学の個別対策が出来るので、センター試験の勉強を始める前に、私学だけでなく国公立の対策もある程度終わらせることができます。センターが終わってから国公立にかけて、筆記試験か面接等でまとまった時間が取りにくいため、早い段階で対策ができて助かりました。

夕方からは大学生のチューターがMedSURに来ます。医学部の方が多いので勉強の質問だけでなく、大学生活の様子も聞くことが出来るので、モチベーションを保ちながら勉強を続けられました。

Contact

お問い合わせ

06-6773-0900

受付時間 11:00〜20:00